×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

円満退職のための意思の伝え方

転職をする場合は、円満退職をすることもプランの一つとして考えるべきです。やめる会社であっても社会人の常識としてきちんとした形で退職するべきです。新しい会社でも仕事の関係で関わる人もいるかもしれません。退職を決意したらいきなり退職届を出すのではなく、意思表示は退職日の2か月前ぐらいまでに直属の上司に相談という形で切り出すのが円満退社へのポイントです。円満退職をするなら、同僚ではなく、まず直属の上司に対して退職を打診するという形式をとることが、社会人に求められる行動です。直属の上司を飛び越して、その上の人に話すと、上司の顔をつぶすような事態になります。直属の上司に打ち明ける時には、相談をするというスタイルがいいでしょう。退職の意向を受けた上司は、退職の段取りを決めるために、上の役職の人達と話をまとめてくれます。そこで初めて正式に退職が決まります。正式に広報されるまでは同僚や部下、先輩などにも言わないというのが円満退職のポイントです。退職理由を聞かれたら個人的な理由を話すのが円満退職のコツです。たとえ、退職の理由が会社内で起きたことに関わっていたとしても、それを話しては円満退職になりません。へたをすると、ひきとめられてしまう可能性もあります。もしも円満退職をしたいと思っているなら、どのような事情があっても、会社への不満は飲み込みましょう。会社の人達といい関係を築いたままで円満退職をしたいなら、自己都合や、自分の可能性を摸索するためなど、ポジティブな理由で退職をしましょう。

 

整体師の専門学校【全国版】 全国の整体師の専門学校を探すことができます。費用の目安や授業期間も確認できます。また、無料で資料請求できる整体師の専門学校一覧はこちらで確認できます。資料請求は複数可です。

円満退職をするための方法

転職先を決め、今勤めている会社を退社する時には、円満退職をしたいものですが、どんな予定で行動すると、円満退職が可能になるでしょう。円満退職をするには業務の引き継ぎや会社側が後任者を定める期間も考えて少なくとも1か月以上前には上司に退職の意思を表示しておきましょう。仕事内容や会社、部署などを考慮したうえで無理のない退職スケジュールを立てましょう。お金についての話も、退職が決まると同時に進める必要かあります。退職後にすぐ働くつもりでなければ、生活費の準備もいるでしょう。有給休暇の残りをどのくらい消化するかという問題もあります。退職1カ月前には、引き継ぎ手続きを始めなければいけません。ちゃんと引き継ぎができるかどうかが、円満退職ができるかに関わっています。後に仕事を引き継ぐ人がわかりやすいように資料作成をする場合もあります。10日前になったら、あいさつ状を関係者に出します。取引先へも挨拶し後任者の紹介をすることも円満退職のためには大事なことです。パソコンのデータ整理や会社から借りているものを整理して忘れずに返却しておきましょう。退職に当たって会社から渡される書類や、雇用保険被保険者証、年金手帳などもきちんと回収します。円満退職をするためには、退職日までに余裕をもって自分が担当していた業務を引き渡しておくことが重要になります。これまでお世話になった会社に不利益を与えることのないように気をつけることで、円満退職ができるようになります。


このページの先頭へ戻る